個性が欲しいならオリジナルTシャツをつくってみよう

自作が実現するサービス

Tシャツ

作成前に確認しておくこと

お店で販売されているどの商品においても、形状やデザインのように個性があります。並んでいる中からお気に入りの商品を選び出し、レジで精算という流れがこれまでの常識といったところです。近年においては少し状況が異なり、オリジナル品を提供するサービスが登場しています。急激に広まりを見せたのが、サイト上で入稿とオーダーができるオリジナルTシャツの作成サービスです。その数が増加する一方で、現在のところはショップごとにルールが異なります。基本的にパソコンのソフトを使用してオリジナルTシャツを作成しますが、RGB・CMYKなどのカラーモードやPNG・JPGといったファイル形式の理解は必須です。サービスごとに異なって指定されることの多い項目ですので、作成前に調べておくと良いでしょう。

デザイナー気分も楽しめる

オリジナルTシャツには、多くの人から支持される理由がたくさんあります。自分だけのデザインというのはもちろんのこと、サイト上で公開して販売できるサービスも存在しているのです。自作デザイン品を販売できるという点もオリジナルTシャツの醍醐味のひとつで、ちょっとしたデザイナー気分も楽しめます。販売する際の料金構成は、税込みのTシャツ代・サービス側のマージン・自分の収益です。自分で作成したオリジナルTシャツは収益を引いた金額で購入できますので、同人活動や経営するショップでの手売りで活用するのも良いでしょう。もし、サイト上の販売サービスに対応していない場合でも、作成業者に作ってもらった後にイベント景品やノベルティグッズとして活用することが可能です。

おすすめサイト

  • オリジナルTシャツを作るならコチラ!おすすめ業者ランキング

    学園祭にもオススメ!イベントのオリジナルTシャツを作成するなら、過去のデザイン例をここで確かめてみましょう。

イベントやサークルで活躍

洋服

インターネット上で気軽に注文することができるとしてオリジナルTシャツが人気になっています。ユニフォームやイベント活動、贈り物など幅広い用途で活用されています。同じプリントで色違いを作るなどバリエーションを変えることもできます。

もっと見る

連帯感が生まれてくる

子供たち

クラスTシャツを作ると仲間内に連帯感が生まれ、学校行事を大いに盛り上げられます。このクラスTシャツを注文する時にはネット通販が便利で、デザインも簡単ですし何よりも料金がお買い得であるのが嬉しいポイントです。

もっと見る

レザークラフトに使える

革

革のはぎれを使って、オリジナルの小物を作る、レザークラフトが人気があります。大きな革だと価格が高いため、はぎれを使うと安く利用できるのがポイントです。はぎれは大きさや色がバラバラなので、実際に手に入れてから、デザインを決める必要があります。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加